トレンド・ニュース

【時系列】人事権の濫用?障害者雇用促進法の趣旨に反す?

主に所属していた「事業所」について

※役職名は当時のもの

4月新年度

・Y(代表理事)が「事業所」館長に就任

・Yは(3か月?6か月?)休みなしで

フルタイム出勤

・オレが「支援員」を市虐待防止センター?

に「通報」

・Y、K、オレ、Y夫人が「喫茶店」で

対応を協議

(なお、Yは目が不自由。この「支援員」

から、「無視」などをされるなど

「虐待」ともとれる行為を受けていた)

・「センター」が「虐待なし」と

決定。なお、「支援員」は休職し、

有休を全消化し、退職。

・K入職(2度目?)

このあたりで、Yより、

事業所の会議で

「イベント」「庭管理」などを

オレに任せると言われる。

・スタッフ会議にて、Yより

「わたし(Y)を補佐して

もらいます」

と、オレが言われる。

が、のちに、Yより

「館長というのが役職名に

つくのはどうやら、荷が重いようだ」

と言われ、

「マネージャー」で、落ち着く。

(ただし、組織図上はあくまで

「いち利用者」であったようだ)

・このころより「デスク」を与えられる

・事業所のメインパソコンが壊れ

オレ主導で新しいパソコンを導入

オレが、主に使うようになる

(デスクで)

・事業所の食品衛生責任者となる

・オレが「帳簿」をメインでつける

ようになる

(売上台帳、小口現金台帳、

手持ち小口現金台帳)

・手持ち小口現金の管理をする

ようになる(毎日。現金有高)

・Kが副館長となる

(時期不明)

・役所側(A、T)と

打合せ。事業所側はオレ、

Y、Kが出席。

なお、オレは初参加。

・オレが、役所へ毎月「月次報告」

をするようになる(書面、電子メール)

4月新年度

・Kが、館長就任。

・事業所が

Kとオレの体制となる

・売上が右肩下がりとなる

・オレが、「新規イベント」の

提案をする(倶楽部、ゼミ)

・この頃か?

Iが顔を出し始める

(理事の誰かが連れてきた、そうだ)

「やり方が古い」と発言。

副代表理事は「ショック」をうけ

「副代表理事」「別事業所の

店長」を辞任

Iが副代表理事に就任。

・オレ、バイク出勤を始める

・買い出しも、バイクで行く

・法人の人事?(組織?)が、

ゴタゴタしてくる。

・「別事業所長」のoさんが、死去

Y代表は次期「代表理事」に

推していたようだ。

・オレが「別事業所の支援員」を

府の「福祉苦情受付」(Iが以前

在籍していた)へメールで相談。

→法人に連絡→法人が「当事者」に

事実確認。→オレの勘違いと決定

※この時オレは

「館長になれないこと」はもちろん

「退職」もおそれず、と発言

(どうしても、許せなかった。

おかしいことは、おかしいと

言うべきだと、考えた)

・オレは「言われるまま」に

「始末書」を書く

・マネージャー解任?

(説明は、なし)

 

飛ばします

 

 

4月新年度

オレの事業所に、

Hが常勤職員として、入職。

Tが館長へ。

(前年度?前前年度?に非常勤職員

として、入職)

・オレ「デスク」なくなる

(一応「お客様」用の机を

オレ用?に設定。パソコンなし。

ただ、時々、職員だけで

話し合うため、事務所を

追い出される)

帳簿管理、役所関係を基本

Hがやるようになる

・パソコンをロックされる

(自由に使えなくなる)

・書架に鍵がされ始め、

オレは「鍵」をもたされない。

・「金庫」(手持ち小口現金)の

入った棚の鍵も、渡されず

・・・・・

 

以上

 

ただ、抜けてるところ

実際とは違うところ

は、ある、とは思う。

オレが、思う出せるだけ、

思い出した(つもり)

オレは「事実」だとは

思っている。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA