負けへんぞーアキラの独り言
バセドウ関係

ふつうの町医者(眼科)では手に負えない

バセドウ病眼症です。

ここまでお目目ぱちくりの患者は、この町医者

さんの6年の歴史で1人の患者さんということ

らしい。

またまた、転院だ。

で、ほっとくと「緑内障」になる・・・らしい。

眼圧が高く、眼底検査をして下さったのだ。

桂の医師は「点眼剤」がありますからねーと、

お気軽だったが・・・

そうなのだ。医師にも当たりはずれが当然ながら

ある。

今日の町医者先生は

「いやあ、なにもできなくてスミマセン」と、

率直で好感が持てたんだけどな。

府立医科大学の「眼形成外科医」のもとへ

行くことになった。

第二日赤には、専門のドクターが不在らしい。

京大は、オレは断固拒否した。

町医者先生ではあるが、いろんな病院と

連携してて、「やるな」と思える・・・

 

いろいろ疲れた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA