その他

アル中のおいらが飲むべき焼酎

「甲類」と「乙類」、焼酎を大別する両者の違いとは?

焼酎は「甲類焼酎」と「乙類焼酎」とに大別できますが、この分類は日本の法律である「酒税法」によるものです。
はじめに、両者の定義を説明しておくと、甲類焼酎とは連続蒸溜によって造られたアルコール度数36パーセント未満の焼酎。乙類焼酎とは単式蒸溜によって造られたアルコール度数45パーセント以下の焼酎をいいます。

歴史的に見れば、日本で古くから造られてきた焼酎が「乙類焼酎」ということになります。原料となる醪(もろみ)を、一度の投入につき、一度だけ蒸溜を行う「単式蒸溜」で造られたもので、「旧式焼酎」や「単式蒸溜焼酎」とも呼ばれます。
味や香りの特徴としては、アルコール以外の香味成分も抽出されることから、原料となる米、芋、麦、蕎麦などの風味や味わいがたのしめます。

一方、「甲類焼酎」は、明治の終わりに英国から導入された「連続式蒸溜」で造られた焼酎で、「新式焼酎」や「連続式蒸溜焼酎」とも呼ばれます。
連続式蒸溜とは、もともとウイスキー造りなどに利用された製造法で、その名のとおり醪を連続して投入しながら蒸溜します。
無色透明でピュアな味わいで、単式蒸溜に比べて効率的に生産できることから、乙類焼酎よりも価格がリーズナブルという特徴があります。

このように、もともと日本で造られてきた焼酎は、すべて単式蒸溜によるもので、分類は不要でした。明治末期に「連続式蒸溜」という新技術が導入したことで、新式(連続式蒸溜)、旧式(単式蒸溜)という分類ができ、昭和24年(1949年)になって、酒税法上の分類として「甲類焼酎」「乙類焼酎」という分類が明確化されたのです。

 

本格焼酎とは、「甲類」「乙類」どちらの焼酎?

「本格焼酎」という名称は、酒税法による「甲類焼酎」「乙類焼酎」という分類に対する、ある種の「異議申し立て」をして誕生したものです。

「甲乙」という確固とした順番があることから、その定義をよく知らない人からすれば「甲類焼酎は乙類焼酎よりも高級」「乙類焼酎は甲類焼酎より劣る」といった印象をもってしまいがちです。
しかし、この分類は、けっして品質に優劣をつけるものではなく、単に税法上の区分でしかありません。
こうした誤解を払拭するために、伝統的な単式蒸溜を続けている乙種焼酎の造り手から提唱されたのが「本格焼酎」という名称でした。

とはいえ、本格焼酎と乙類焼酎は、完全にイコールというわけではありません。本格焼酎を名乗るには、以下の3つの条件をクリアする必要があります。

◆日本で古くから行われてきた単式蒸溜で仕込む。
◆「米や麦などの穀類」「芋類」「清酒粕」「黒糖」の4品目、または国税庁長官が定める49品目の原料と麹を使用する。
◆水以外の添加物を一切使わない。

つまり、単式蒸溜で仕込んだ焼酎でも、規定外の原料を用いたり、添加物を加えたりすれば、「本格焼酎」とは呼べません。本格焼酎とは、「昔ながらの蒸溜法によって作られた、まじりっけなしの焼酎」といえるでしょう。

 

結論

           甲類の本格焼酎を飲むべし

 

⑴本格麦焼酎 麦嘉門

国内自社関連工場製造で安全・安心に自信あり!
上品な香りと味わい、まろやかな口当たりが特徴の麦焼酎です。

ロックや冷やしてそのままストレートで召し上がりいただくのがおすすめ。お湯割りにしていただくと、豊かな麦の香りがいっそう引き立ちます。

本格麦焼酎ならではの芳醇(ほうじゅん)な香りと、コク深い味わいをお楽しみください。

 

⑵麦焼酎 麦盛り 黒(むぎざかり くろ) 25%

合同酒精株式会社

黒麹仕込みの麦焼酎原酒をブレンドし、これまでの「麦盛り」シリーズとはひと味違う、華やかな香りとまろやかなコクに仕上げました。お湯割りや燗でより一層香りが引き立ちます。

 

この2つが「業務スーパー」で、

800円~900円くらい。

(1800ml  25度)

 

どっちかにしよう。

まあ、「いいちこ」に慣れてしまった

おいらには・・・マズい、とは思う。

慣れよう!ze!

 

※⑵は甲乙ブレンドです。

なので、若干安い。

 

飲まないことに越したことはない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA