負けへんぞーアキラの独り言
入院(バセドウ病)

ステロイド(パルス)治療なんて受けるもんじゃない

つまり、ステロイドの大量投与ね。アカン。

確かに、今、眼の複視がましになったから

言えるのかもしれませんが。

でも、ステロイドはご存じのように「強力」だ。

もう超強力です。

ステロイドは体内で生成される、つまり

「副腎皮質ホルモン」なんだけど、

いやあ、パルスは量が半端ないです。

具体的に副作用を挙げると

  • ①免疫低下(感染症にかかりやすくなる)
  • ②骨がもろくなる
  • ③血糖上昇(糖尿病のおそれ)
  • ④消化管粘膜が弱く(潰瘍のおそれ)
  • ➄血栓症のおそれ(なお、母は血栓症でもあった)
  • ⑥精神症状(不眠、うつ、自殺も。ゲッ)
  • ⑦肥満(顔がまん丸になる。満月様顔貌と言う)
  • ⑧動脈硬化、高脂血栓症
  • ⑨高血圧、むくみ
  • ⑩白内障、緑内障
  • 等々など。

※東京女子医科大学病院 腎臓病総合医療センターの

サイトより抜粋

たまんないですね。

あと、オレの場合の腕の湿疹はカラダがそもそも

ステロイドで弱くなって、太陽(の紫外線?)に

やられたんだろう。

だって、顔は大丈夫やけど腕の日に当たる

とこだけだし。しかも、朝は収まってるし。

まあ、だから、誓約書なんかを書くワケですが。