負けへんぞーアキラの独り言
その他

バセドウ病に違いないので早く病院へ行きたい

各治療のメリット・デメリット

メリットデメリット
薬物療法・多くの医療機関で受けられる
・内服のみで日常生活への影響が少ない
・将来的な甲状腺機能低下症のリスクがない
・治療期間が長期にわたる
・副作用のリスクがある
・効果の個人差が大きい
・内服を終えた後に再発することがある
アイソトープ治療・1回のみの内服で日常生活への影響が少ない
・治療成功後の再発がない
・副作用のリスクがない
・甲状腺の腫れがなくなる
・対応できる医療機関が少ない
・治療後の食事制限がある
・将来的な甲状腺機能低下症のリスクがある
・眼の症状が悪化することがある
・重症の場合には入院が必要
手術療法・効果をもっとも早く確実に得られる
・甲状腺の腫れがなくなる
・対応できる医療機関が少ない
・再発のリスクがある
・将来的な甲状腺機能低下症のリスクがある
・喉元に小さな傷が残る
・合併症のリスクがある
(岩崎内科クリニック)

一般的には、薬物療法をまずやって、効果が

なければ、アイソトープへとなるようです。

遠くの病院へ行くのじゃなかったら、

治療が長期になっても構わないので、

「薬物療法」を希望しようと思う。

もし、「再発」することになっても

仕方ないです。

もちろん、「手術」はイヤだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA