負けへんぞーアキラの独り言
入院(バセドウ病)

メール

内分泌科・眼科等でお世話になっております。

西田晃と申します。

さて、2月より○○市のたさか眼科様のご紹介で

桂病院様にお世話になっております。

バセドウ病(眼症)です。

先日担当医の朴先生より「手術」が必要と言われ、

執刀予定の椛先生からも「絶対必要に近い」と言われたのですが、

わたくしは「手術」は絶対嫌でしたし、その必要性に疑問を持って

おりましたので、セカンドオピニオンとして茨木の「ひらいわクリニック」に

行くこととしました。そして、「チウラジールの効果がわかる2,3か月

待つのも良い」と言っていただきました。そのご意見は、次回診察(5/6)に

間に合うように手紙を書いてくださることとなりました。

そのようなことですが、桂メンタルクリニックの杉本先生からは(わたくしの

統合失調症の主治医先生です)

「岸先生は信頼できるし、椛先生にも丁寧に手紙を書いたし、桂病院で

手術を受けなさい」と言われております。

そして「わざわざ、隈病院へ行く必要もない」(手術になった場合です。なお、

大阪医科薬科大学病院になるかもしれません)

とも、杉本先生はおっしゃいました。ですが・・・

やはり、平岩先生のご意見に従った治療を受けたいと思っています。

そうなるとやはり、「転院」が必要でしょうか?「転院」となった場合

わたくしはどうすればよいのでしょうか。

長文で大変申し訳ありません。

ご回答のほど宜しくお願い申し上げます。

西田晃