負けへんぞーアキラの独り言
その他

人生論~100歳まで生きるべきか~

人生100年時代らしい。

まあ、ホントに100まで生きる人は少数派だとは

思うが。

受験テクニックとかで、「逆算の方法」などを

よく聞く。

つまり、「合格答案を書く自分」から逆算して

今、何をすべきかを考える、というもの。

みんなやってますか?

オレも、

「死んでたまるか」

「病気になってたまるか」

「病気に負けてたまるか」

とかは、日々考えている。が、「死」は存在を

否定まではしてないが、避けている問題だ。

周りを見てて、有名人で見てて、思うんだ、

「80歳ぐらいが、ちょうどいいんじゃないか」

って。

オレは、酒もたばこも辞めれそうにないので

もっと短いかもしれないが。

河合隼雄先生も80歳と少しだった。

今、少し?ハマっている「養老孟司先生」は

80歳を越えて、なおお元気ではあるが。

※最近、東大時代のお弟子さんのお医者さまに

かかったそうだが※

で、そうなるとオレはあと、約30年。

およそ、生まれてから、統合失調症発症

するまでの期間と同じ時間である。

そう考えると、ちょうどいい。かなあ?

いや、別にちょうどよくもないな。

そもそもではあるが、人間、そう簡単に

死ねないそうではある。

※心痛ましいことが、最近報道されるが※

まあ、80を越えたら、もうオマケと考えて

隠居の逆、つまり「無茶」でもしようか?

いやいや、それはマズい。

誰かに「迷惑」をかけて、「嫌われ」て

死んでいきたくはない。

せっかく生まれたのだ。

惜しまれて、死にたい。いや、

死んで、惜しまれたい。

一緒か? 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA