負けへんぞーアキラの独り言
その他

医論

ん?

医論なんて言葉はあるんだろうか?

まあいい。

そもそも「医」ってどういう意味?

①病気を治す②医者③医学

こんな感じのようだ。

まあ、ニュアンス的に想像通りだ。

では始めよう。

人体は無限?の細胞・ウィルス?で

できている(らしい。)

無限か?と、問われれば、そう答えることになる。

なぜか?

あとからあとから、発見されるからだ。(ホンマに?)

一体、実際、どれだけなんて、わかりやしない。

あと、ウィルスについては、「共存」してる、

ってとこか?

知らない。

あ!よく考えたら、わからないことだらけ。

今日は、かなり感覚で話すよ。「異」論は、かなり

認める。

あ!そもそも、なんでこんな話をするのか?

オレは、救急車のお世話に去年の今頃になって

そして、今年二月に入院して、思ったことがある。

救急医療は大事。果してそれ以外は・・・?

話がハチャメチャだ。

オレはまだまだ、うまく思うことを表現できない。

結論へいこう。

①一つの細胞の動き、例えば、上方に1ミクロン動く

ことの意味が「医学」でわかるのだろうか。

②結局、わかってるつもりの「数値」でしか

表現できない。

つまり、例えば「血圧」。

この数値だって、最低が100以上ある人は少ないよね。

最高が130以上ある人は少ないよね、っていうだけ。

それを、とりあえず「高血圧」とか言ってるだけ。

で、ホンマに言いたいのは・・・・・・・

人体は宇宙である。

・医食同源。

・ありのままの自分を受け入れてない人とは

 付き合いにくい。(余計か?)

てな感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA