負けへんぞーアキラの独り言
トレンド・ニュース

施設での暴行

久留米市での事件に思う。

まず、オレの母親は晩期、ホームに入ったが

一生懸命、「暴力?」だったか、とにかく、

いろいろ訴えていた。

オレは・・・・・・・・・・・・・・・

何もせんかった。手立てを打たなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日、(女性)社長が現場にいらっしゃった。

アトピーがちな「友」は、その「彼女」に

前職場で、蹴られたことがあるらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「短気」では済まされない。

めんどくさいなあ!指導とか!?

といった意識なんだろうか?

暴力での指導は

「指導力のなさ」の現れであり、「愛による」どころか

「愛」が、そこにはない。

オレの面前で、そんなことはもう、させない。

(ただ、「友」に写真を撮れ!とは言えない。

なぜなら、その方の性格からして、そのことを

「社長」本人に言ってしまう。つまり、オレの

立場が・・・って、おかしいかな・・・)

で、曲は、「悲しみよこんにちは」だ。

さよならさせたいが・・・

こう、悲しいことが続くと、

「こんにちは!」

した方がいいような気も・・・するのだ。

斉藤由貴さん、いろいろあったけど、

どーしてるんだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=37-WsJVJgXk

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA