その他

母を離婚から遠ざけたキリスト教

キリスト教的な「離婚」の

考えがまとめてあるのが、

以下のサイト(外部リンク)

 

イエスの言ったことをベースに、

コンセプトをまとめると

 

 

・神は人を男と女とに造った。

男と女は結婚によって、一体となる。

・結婚した瞬間に、2人がひとつの存在となる。

・肉体の接触においてひとつとなる(性交・婚姻関係・肉体的な段階)

・そして、霊的な概念においてもひとつとなる(霊的な段階)

結婚は、「神が結び合わせるもの」である。

神が結び合わせたものを人が引き離してはならない。

・霊的段階において、人は、神が結び合わせたものを引き離せない。

・妻を離縁することは姦淫(≒不倫)である。

・別の女と結婚することは姦淫(≒不倫)である。

母は、まじめだった。

おそらく、真剣に「迷った」だろう

だが、「結論」として、

「神」の「教え」に従った。

そして、

「死ぬ」まで、苦しんだ。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA