法科大学院

河合隼雄先生と司法試験

「基本書が基本」

「いや、過去問」

まあ、いろんな説がある。

オレは正直、「その人」に合ってれば

何でもよいと思う。

要は、試験日に合格答案が書ければいいのだ。

で、オレの場合は

25年前の失敗から考えるに

⑴短答試験対策をおろそかにし過ぎた。

⑵論文は「論証暗記」をしなかった。

これは、正解だと思う。

で、答案構成をしまくった。

これも良かったが、憲民刑に関して

「基本書」をほぼ読まなかった。

これは、まずいだろう。

これに関し「河合隼雄先生」で考えてみる。

例題:~というケースにおいて河合先生なら

どう考えるか、論ぜよ。

という問いの場合。

河合先生のケーススタディを勉強すんのも

いい。けど、河合先生の「根っこ」の部分も

知るべきだろう。

簡単な説明で終わるが・・・・・・・

深い理解も問われる「憲民刑」は、やはり

同じくその根っこも知らなきゃいけない。

 

この子。大きくなったような気がする。

別の子か?いやいや違うだろう。

オレも成長しよう。

つか、肉食だろ?

ゴキちゃんの「殺虫エサ」を喰わんだろうな?

心配だ。

最近、暖かくて、心配ごとが増えた。

 

「19V型テレビ」だ(中古 2015年製)

10,000円。

税込み11,000円。送料1,200円

振込手数料・・・

なんだかんだで、まー13,000円か。

つか、アンテナコードが無い・・・

つか、「タロウちゃんとゆりちゃん」が

最近YouTubeにて、ご無沙汰だ。

また、出演していただこう。

「ブーちゃん」もだ。

にほんブログ村 受験ブログ 法科大学院受験へ

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA