名誉棄損・侮辱・パワハラ

法的に争ってることなどをネットに書く行為の違法性~表現の自由対プライバシー権~

前提として、

ネットに書くのは「表現の自由」として

憲法上保証される。(21条)

が、

「知られたくない」という利益(事実)も

「プライバシー権」として憲法上保証される。

(13条)

結局、「比較衡量」で、判断されるようだ。

「当該事実を公表されない法的利益と当該URL等情報を検索結果として提供する理由に関する諸事情とを」「比較考量」「して判断すべきもので,その結果,当該事実を公表されない法的利益が優越することが明らかな場合には,検索事業者に対し,当該URL等情報を検索結果から削除することを求めることができる」

つまり、

表現をしないことが、「明らかに」法的に優位

(保護されるべき)だと

思われる場合に、表現行為が規制されうる。

なお、

その「表現行為」が、「公共目的」があると

規制は難しかろう(理由は、今は御免)

※憲法上「公共目的」というのは、非常に

強いことになってる(はずです)ので。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA