自己破産

破産申し立てに至った具体的事情(債務の増大の経緯及び支払ができなくなった事情)

【令和2年9月13日】
DV等を実父から受け、失踪宣告書を置き家を出る。
(○○警察署に相談、○○市役所等からの住民票非開示の
支援を受ける。
ただ、急に決意したため、生命保険解約金の20万円と手持ちの
数万円でのギリギリのスタートとなり、借金を想定してのもの
となる。
事実、令和2年末には借金は40万円ほどとなる。
それは、当時障害年金(統合失調症)しか収入がなく、令和2年
10月にその年金14万円が振り込まれるまで、収入は全くなかった。
令和2年11月は収入ゼロ。令和2年12月に失業手当の受給が始まったが
初回は4万6千円であった。
そういった事情のもとカツカツの生活をしなければならなかったが、
タバコ・酒は今まで通り月3万円弱使っていた。
さらに冷蔵庫(2万円)炊飯器(5千円)電子レンジ(6千円)の購入と
日用品の出費も増えた。
上記理由で令和2年中に借金が約40万円となる。
(月債務弁済額は20万円。生活費は18万円)
【令和3年1月】
新年に入りブログ収入増、YouTube収益化を目指し、機材なども購入。
(アクションカメラ2万円、動画素材2万円弱等)
しかし、ブログの収益化はできているものの、いまだ入金に至らず、
YouTubeに関しては収益化すらできてないのが現状。
しかし、生活費も切り詰めることもなく、従って、借金は膨れ上がった。
【令和3年6月】
最終的に借入れ総額はキャッシング60万円、ショッピング10万円の
計70万円となってしまう。
(月債務弁済額は20万円)
正直借金すれば、まだギリギリ返済はできる。
しかしながら、令和3年11月に失業手当の支給が終わると障害年金
のみとなり、さらにブログ・YouTubeの収入がわずかなものである以上
将来的には行き詰まることは目に見えています。

POSTED COMMENT

  1. AO より:

    間違えた。ヘインズは俺やったわ。
    至誠館2階の教室前に立ってた奴はリーバイスや。
    なぜかその光景をずっと覚えてるんや。

  2. AO より:

    確かに初見はゼミの申し込みの日や。
    どこの教室やったっけ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA