負けへんぞーアキラの独り言
統合失調症関連

福祉に集まるおカネとヒト

人を動かすには「おカネ」が必要。

それが大前提。

昔、社会福祉法人で、「利用者」として

働いてた。

そこの「家族会」で母は会計をしてた。

別に計算が特に得意とかは、なかったと思う。

ただ、「人望」と「コツコツさ」があった。

そんなこともあってか、「当事者」として

何回か、家族会で話をした。

※「利用者」「当事者」すべて障がい者

本人のことです。

「職員が喰っていけるのは、我々が存在する

からです」

大変失礼な発言である。がしかし、真実。

「その通りです」

施設長さんは言った。

大物だった。その施設長さんは。

が、組織となるとどうしても「上」を

目指すこととなる。仕事を頑張るのは

いいが、「出世欲」丸出しはいただけない。

どんな組織でもそうなんだけど。

なぜこんな話しをしてるかというと、

「拉致家族会」の代表が交代したから。

で、同じ「家族会」で頑張ってた母のことを

思い出し、「福祉法人」のことを考えてみた。

結局、どんな「想い」で仕事をするか、と

いうことに尽きるんだろうな。

そしてそれは、「利用者」「当事者」にも

言えるわけで・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA