負けへんぞーアキラの独り言
入院(バセドウ病)

絶対必要な手術に近い

と、言われた。ドクターから。

とりあえずオレは、セカンドオピニオンの

申し立てをした。

したら、

「セカンドオピニオンは実費なので、

紹介状を書きますよ」

と、おっしゃった。

ここから、ややこしくなる。

生活保護なので、同時進行に医療は

受けられない。

※もちろん、自己負担なら問題はない

なので、今の病院だと「手術決定」で、

それが嫌なら、他病院だが、そこにしても

「手術」を選択されるかもしれない。

どうしようか?

今、書きながら考えよう。

えっと、

オレが決めたそのセカンドオピニオンの

ドクターは数少ない甲状腺の「認定専門医」だ。

つまり、甲状腺のプロ。

ただ、

この方が「手術」を決定されると、

また、遠い病院へ行くことになる・・・

のか?

で、調べた。

「大阪医科薬科大学病院」だ。

まあまあ、近い、とも言える距離。

このセカンドオピニオンの先生に

懸けよう!

桂病院と福祉事務所へ明日、あ!もう今日か!

に、連絡しよう!

※いろいろ、具体名を書きました。