ヤツ(毒親)

いろいろあったなぁ

発病して、就活した(させられた)

 

受かって、ダメで、帰ったら、

 

「激怒」

 

怖かった。

 

ただ、怖かった。

 

で、オレは部屋で食事を摂るように

 

なった。

 

母ちゃんが、運んでくれた。

 

「情けない」けど、ヤツの顔を見たら

 

吐き気で、食事どころじゃない。

 

ある日、風呂に入ってると

 

ヤツが帰ってきて、

 

「なんで、わしが帰る頃に入ってんねん!」

 

と、激怒。

 

母ちゃんにも、オレが見てるとこ、

 

見てないとこで「激怒」してた、

 

らしい(母ちゃんは、ハッキリとは

 

言わなかったが、分かった)

 

オレは、ヤツが帰宅する頃、

 

街へ出て行くようになった。

 

寒くても、暑くても、

 

熱が38℃あっても、下痢してても。

 

そして、街で、被害妄想に遭ってた。

 

部屋でタバコ吸ってることにも、

 

母ちゃんに対して、激怒。

 

母ちゃんは、オレには、

 

やんわり言うだけだった。

 

恐怖のどん底に突き落とされた。

 

夜中、壁を蹴っ飛ばす「音」が、

 

よく聞こえた。

 

ヤツも、「死」を意識するようになって、

 

甘えたり、激怒したり、我儘になった。

 

振り回されてきた・・・オレの人生の約半分。

 

これで終わって堪るか!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA