読書日記・河合隼雄先生

河合隼雄著「子どもの宇宙」岩波新書を読む~はじめに編~

河合先生の「こころと人生」を読んで

 

(というか、「子ども編」だけ

ですが)河合先生の「子ども」観に

 

非常に興味を持ったので、さらに

 

突っ込んで本書を手に取った。

 

実は、まだ「はじめに」と「あとがき」しか

 

読んでいない。が、凄く興味をそそられる

 

内容なので、さっそく記事にさせて頂く。

 

まず、気になった文から。

 

①『大人たちは子供たちのなかにある

 

広大な宇宙を歪曲してしまったり、

 

回復困難なほどに破壊したりする。

 

このような恐ろしいことは、しばしば

 

大人たちの自称する「教育」や「指導」

 

や「善意」という名のもとになされる』

 

②「私の主要な動機はそのような宇宙の

 

存在を明らかにし、その破壊を防止

 

したいからに他ならない」

 

③「子どもの宇宙への探索は、おのずから

 

自己の世界への探索につながってくる」

 

~わたしが感じたこと~

 

はじめに述べたが、まだ「はじめに」である。

 

だが、わたしの「興味」を引くには

 

「十分」な内容であった。

 

いわゆる「子どもはわがまま」という

 

感想を持たれた方もいらっしゃるであろう。

 

わたしもその一人だ。だが、そもそも

 

わがままでない「人間」なんていようか?

 

もっと言えば「わがまま」って何だろうか?

 

「わがまま」が意味するものは?

 

そして、大人になると「目先のコト」

 

「利害(関係)」というものに左右されがち

 

である。が、それらはほんとうに「大切」なこと

 

なんだろうか?ことの「本質」から外れては

 

いないだろうか?なんて考えた。

 

子どもこそ、わたしが追求する「真実」や

 

「正義」を持ってるのでは、と思わずには

 

いられない。というか、わたしも子どもの

 

ときは「知って」いたが「忘れ」てしまった

 

んじゃないか、と・・・

 

さあ、本文を読み進もう。

 

「自己の世界への探索」をしよう!

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA