河合隼雄先生の名言

「己を賭けることもなく、100%正しいことを言うだけで、人の役に立とうとするのは虫がよすぎる」河合隼雄先生の名言

己を賭けることもなく、責任を取る気もなく、100%正しいことを

言うだけで、人の役に立とうとするのは虫がよすぎる

ひょっとすると失敗するかも知れぬ。しかし、この際はこれだとい

う決意をもってするから、忠告も生きてくる

(河合隼雄先生の発言)

河合隼雄先生のご紹介

(1928-2007)兵庫県生まれ。京大理学部卒。京大名誉教授。日本に

おけるユング派心理学の第一人者であり、臨床心理学者。文化功労者。

元文化庁長官。独自の視点から日本の文化や社会、日本人の精神構造

を考察し続け、物語世界にも造詣が深かった。

わたしの考え

私事で非常に恐縮であるが、「火事になるから、煙草をやめなさい」

と、よく言われたものである。そういう時、「わかりました」とは

言うものの、決してやめなかった。まあ、頑固でもあるのだが、

河合隼雄先生のおっしゃる通り「役に立たなかった」。「忠告」や

「アドバイス」の難しさがわかる。「正しければいい」のではない

のだ。というと「何も言えなくなる」という恐れもあるが、相手を

理解しようと努力し(もちろん、わからないのであるが)、「自分

に今できる最善のことは何か」を考え、その上で「忠告」をすると

いいのかもしれません。とにかく、「忠告」するというのは、難し

いことなんですね。

※なお、河合先生は

ひとつの忠告が役立つと、人間は嬉しくなってそれを普遍的真理のよ

うに思いがちである」ともおっしゃって、それに対しては「個人の存

在が深くかかわってくるとき、そこには、同じことは起こらなくなって

くる」と述べられてます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA