河合隼雄先生の名言

河合隼雄先生の名言「マジメな人の無反省さは、鈍感や傲慢にさえ通じるところがある」

河合先生は、タイトルの言葉の前に

こうおっしゃてます。

「マジメな人は住んでいる世界を限定して、その中でマジメに

やっているので、相手の世界にまで心を開いて対話してゆく対

話してゆく余裕がないのである」

河合隼雄先生のご紹介

河合隼雄(かわい はやお)
生誕:1928年6月23日
出身:兵庫県多紀郡篠山町(現・篠山市)
心理学者
専門は分析心理学(ユング心理学)・臨床心理学・日本文化、心理学者
学位は博士(教育学)
死去:2007年7月19日

河合先生は「マジメ人間」について

うとんじられたマジメ人間は、何だか自分の評判が悪そうだから、ガンバ

ラなくてはと一層マジメになるので、悪循環が生じてしまう」

と、発言されてます。

わたしの考え

私自身、先生のおっしゃる「マジメ人間」だなぁと思った。

「がんばる」んだけど、「頑(かたく)な」であると・・・

例えば、早朝(毎日朝4時ごろから)仕事を始めてしまった

り。自分の家ならいいんですが、「職場」ですからね。

自分では「想像力」「敏感さ」「覚悟」が大切と、常々考え

ているのですが、そういう「想い」そのものはいいとして、

それに囚われすぎてもいるな、と思ったりします。

心を開いて、いろんな「価値観」があることを知り、そし

て「余裕」を持ち、わたしの思いとは逆の「傲慢さ」「鈍

感さ」になってしまわないよう、気をつけねばなりません

ね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA