河合隼雄先生の名言

「心と体と魂。最重要な魂のことを知らぬことから生じてくる不安をごまかそうとして…」河合隼雄

タイトル以下「体を大切にする」とつづきます。

そして

「健康というただひとつのことに縛られてしまう

こと(健康病)の精神の貧しさを指摘したい」

と述べておられます。

なお、河合隼雄先生は「臨床心理学者」でありました。

また、簡単に

心とは、肉体から生じた欲求を満たすために生まれた感情

≒本能

魂とは、心(肉体維持のための欲求)を超越したもの

と、言えるのではないでしょうか。

さらに、

「現代人は「心」に失望しつつ、魂の重要性を再び認識

しかけているのだが、そんなものは知らぬので、それを

とび越えて、「体」をやたら大切にするのではなかろう

か。

と、おっしゃってます。そして、

「魂のことに思い及ぶことで、健康病からの回復がなさ

れるように思うのである」

とまとめて、いらっしゃいます。

わたしの想い

かつて「塩分」を必死に気にしてらした方がいました。

母の作ってくれた食事が「ほんの少し」でも「塩っ辛い」と

自分が思えば、怒鳴っていました。「オレを殺す気か」と。

「魂」のことに思い及んでるはずの、クリスチャンでしたが。

まあ、人のことは置いておきまして、わたしも健康病とは言

わずとも、健康オタクです。「魂」を見つめることができる

のは健康あってこそ!なんて思いながら、今日も「程よく」

健康に留意したいとおもいます。

河合先生がおっしゃるように「健康病が心身をむしばむ」状

態にならないよいうに・・・

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA