トレンド・ニュース

違法な表現行為の民事責任(判断基準・損害賠償・差止・削除・謝罪広告)

違法な表現行為の民事責任

(リンク 弁護士法人みずほ中央法律事務所 司法書士法人みずほ中央事務所)

まあ、オレの「表現」が「民事的」に

どうか、見てみたかったので。

結局やな、「判例」を見ないとわかんねーな。

つまり、「具体例」を見ないと、

なんも、わかんねーし。

「理屈」→「法理論」もええけど、

あんま詳しいのは、「学者」「受験生」に

任せて。

まあ、今日「お勉強」して、

わかったことは

①法人も名誉棄損罪・侮辱罪の客体になりえる。

(保護される)

②両罪は親告罪

(被害者による告訴がなければ公訴を提起「起訴」

できない)

③「訴える!」とかしつこく?言ったら

「脅迫罪」になる。

あーめんど。

「ルール」(法律)が大事なんは、わかるが

マジ、めんどい。

法律なんて、まじクソ。

なおこれは、「侮辱罪」に該当しない。

犯罪とは、「構成要件」に該当し「違法」

で「有責」な事実・行為。

「法律」(文章)は、保護される「客体」に

あたらない。

あ‘‘ーーーーーーーーー。

やだやだ。

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA