統合失調症関連

統合失調症患者の家族のあるべき姿①

オレも、統合失調症を発症して

24年目の大ベテランだ。

しかも、前の職場でオレの「お話会」

(いわゆる、「体験談」)を開催したりして

それが、地元の新聞に「実名」付きで

載ったのもあり、知る人ぞ知る

「統合失調症患者」だ。いや、「患者」って

なんかカッコ悪い。「統合失調症野郎」だ。

(映画「トラック野郎」の影響です)

そんなこともあり、たまに

「家族のあるべき姿」なんかの、質問

を受けたりするんで、今回はその

「アンサー」記事を書こうと思う。

(アンサー言うても、個人的見解では

ありますが・・・)

 

その点、今は天国にいる「母ちゃん」の

「言葉」「態度」が、今考えると、

ヒジョーに、良かったし、皆さんの

参考になると思いますので、

「母ちゃん」の取った、オレに対する

「対応」などをお話しますね。

 

①発症した(と疑われる)ときの対応

とりあえず、本人の話をひたすら聞く。

返事は「うんうん」で、十分。で

「ちょっと、相談でもしに行くか?」

みたいな、感じで、「精神科」もしくは

「心療内科」へ連れていく。

「病院」へ行こう、とは、言わないほうが、

いい。

②寝てばかりの時の対応

決して、批判しないこと。

「睡眠」は、一番の薬です。

ただ、なにも言わないんじゃなく、

「ちゃんと、起きれへんの~」と

軽く構う。ほったらかしではなく、

「気には留めてるよ」との、サインは

しっかり送る。

③「被害妄想」と思われるときの対応

付き合いすぎない。

本人にとっては「確実」な現実です。

ですが、それに「合わせ」たら、ダメです。

話はしっかり聞いたほうがいいですが・・・

でも

「違う」「ありえない」は、言わないで。

で、黙って「困ったなぁ」という感じの

顔でいてください。

これは、非常に対応の難しい問題です。

共倒れや、本人の病状悪化を避けるためにも、

専門家に、どんどん相談してください。

また、あなた(ご家族)も悩みます。

辛くなります。適切な、助け手を

もってください。決して、悪意ある

(なくても)変な、宗教につかまらないように。

「困ったときの神頼み」は、必要です。

ですが、結局は「人」次第です。

「人」を、見極めてください。

(家族の方が、本当に信頼できる人を頼ってください)

 

続く。

 

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA