トレンド・ニュース

国外退去処分を受けた外国人が入管施設に長期間収容される問題の解消を図る入管法改正案が、今通常国会で審議

「国に帰れず、仕事もできず、

 

難民とも認められない。どう

 

したらいいのか」(スリランカ出身男性)

 

ただ、改正案でも「不安定」な境遇は

 

変わらない。例えば

 

①医療保険は適用されない

 

②審判で国外退去が決まれば

 

就労も許されない。さらに、

 

日本の難民認定は世界的に見ても

 

厳しい。

 

(認定率:日本0.4%。ドイツ26%

 

フランス19%)

 

~以上「毎日新聞 3/16付朝刊」~

 

「日本だけ良ければ」

 

「わたしさえ」

 

そんな時代は終わった。

 

確かに、「フランス」も移民(難民)の

 

受け入れで「国が二分」されいた(いる?)ようだ。

 

が、そもそも「日本」が豊かになったのも

 

国際社会の、他の国々の「協力」あっての

 

もの、だろう。「運」もあろうが。

 

そして、「難民」を「運」が悪い人たち、

 

で、終わらしてはいけない。

 

「治安」や「公平性」云々が言われるが、

 

「治安」などの

 

「コスト」は、当然払うべきもの。

 

「公平性」は「自分さえ」という

 

思いを消し、「個人を超越」するという

 

「正義」を発揮すべきだ。

 

独りよがりじゃなく、

 

「カッコいい」日本でいて欲しい。

 

そうあるべき。

 

そのために「日本人、個々人」の

 

「島国根性」を改めないと。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA