自己破産

【アタマをつかう】役所や裁判所相手に手抜きは許されない~自己破産・失業手当・生活保護~

国民健康保険料の支払い

国民健康保険料の支払期日を

遅らせる電話をした。

(期日はまだ)

そしたら

「障害手帳をお持ちでしたら

減免の申請ができます」

と。

わざわざ、役所側から伝えて下さる

とは、珍しいな・・・と

思った。

前に「不服申し立てだ!」とか

ややこしいことを言ったからかな。

申請して返事はまだだが。

今日のブログは長目だよ。。。

自己破産手続き

どうやら、「同時廃止事件」

として扱ってくれそうだが、

それは

⑴債権者を不平等に扱ってない

(偏頗弁済:へんぱべんさい)

などをしてない。

⑵オレにとくに財産がない。

などの理由で。

(基本はあくまで「管財事件」)

で、申立と同時に破産手続きが

終了となる。

(申立がいつになるのか。

まだ、わからないが)

そして裁判所で「免責審尋期日」が

開かれ、晴れて免責が決定する。

ここまでが、おそらく早くて

9月。遅かったら12月となる。

早く決定をもらうためにできることは

とりあえず、裁判所への提出資料を

「迅速」に「丁寧」に

「噓偽り」なく作成すること・・・

だと思う。

失業手当について

「受給満了日」と

「受給期間満了日」がある。

今日気づいた。

まだ、よくはわかってないが、

どうやら、受給期間満了日をもって

「支給」は終わる。

オレの場合今年の9/29

※ハロワークに問合わせたところ

「受給満了日」「受給期間満了日」は

同じこと。

で、オレの場合「自己都合退職」で

その場合には、「受給期間」は

少し延長され・・・

とにかく、今年11月まで「受給可能」

なようです。

生活保護申請

したがって、9月にはもう

生活保護の申請をせねば

ならなくなる。

免責決定前に申請できるのか?

役所に問合せなければ・・・

※上記の通り、11月まで「失業手当」

を受給可能なのであり、「生活保護」

担当窓口に問合わせたところ、

「失業手当」が終わってから、連絡

ください、とのことです。

なお、「15日ルール」で生活保護申請

から、15日以内に「保護費」が

振り込まれる(申請が通ったら)

まとめ

自分で調べないと、

わけわからないまま、

「終了チーン」

だなと・・・

強く感じた。今日である。

でも・・・

人生あっちゅうま。

たのしくいくぜ!

POSTED COMMENT

  1. AO より:

    フレーフレー

  2. AO より:

    バレてしもたか
    俺はお前の応援者や

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA